いや~ ワールドカップ残念でしたねぇ~。。。




ワールドカップ日本代表、残念な初戦でしたねぇ。

でも、ニュースで報じられてるよりもずっとコートジボワールは強い相手
なので、見せ場を作っただけでも、十分善戦したと思いますよ

前回大会は、カメルーンが相手だった訳ですが、コートジボワールとナイ
ジェリアはアフリカ勢の中でも、別格だと見ていましたので、これでもし
勝てたらアフリカサッカーよりも、アジアサッカーの方がレベルが上だという
事を証明出来たので、やっぱアフリカ強ぇ~な~ってとこですね。

内容も、ボールポゼッションで上回られて、最終ラインをあんなに高く保たれ
ては日本の走力では、チャンスメイクまでに何本ものパスが必要になり、
そこをアフリカ人特有の身体能力である、伸びる脚(笑)にパスカットされて、
カウンター攻撃。
日本は思うように最終ラインを上げられず、守備を強いられてザックジャパン
の持ち味の攻撃サッカーをさせてもらえなかった様に思います。

テレビの評論家達は好き勝手言っていますが、(もっと、守備に重きを置いた
方が良いのでは?とか)内容を見る限りは、攻撃サッカーでは無かったので、
ほんと的外れだと思います。

スーパープレイで先制出来たので、守りに行った感が有り、サッカーは
守ってしまうと大抵守りきれないので、先制した時間が早すぎましたね。

もっと、入りそうで入らない時間が続いたほうが、良かったかもしれない
ですね(笑)

1対1で負けている以上、連携とスタミナと創造力で上回らないと
いけないのですが今回は上手くボールを回されてしまって、弱点を露呈
してしまいました。

身体能力で勝る、コートジボワールに戦術でも、してやられた感が
ありますね。

前回大会の時は、今よりも海外組の評価は高くなくて、日本はまだまだ
無名で、ある意味ノーマークだったのですが、流石に長友や、本田や、
香川の活躍で日本も、一目置かれるようになったということでしょう。
前回のワールドカップで、長友はまだ世界的には無名だったので、そんな
選手がエトーやロッベンをマンツーマンで封じて見せたのは、ホントに
驚いたものです。

その活躍で、インテルに移籍したのですから、研究されても仕方ない
ですね。

これで、厳しくなった訳ですが、次戦のギリシャも決して甘い相手では
無いのでテレビで評論家達が言ってる程、楽ではありませんし、南米
特有の気候はアジア勢にとって辛いと思いますが、それはヨーロッパ勢
にとっても同じことなので、相手より先にバテない様に、戦えるかが重要
になってきます。

高さで勝るギリシャのセットプレーや、クロスに対して、集中力を切らさ
ないように90分維持出来るかが重要です。

次戦は、海外ブックメーカーのオッズを見ても、日本の勝ちにオッズが
傾いているので、日本代表が先日ヨーロッパ遠征でスター軍団の好調
ベルギーをアウェイで打ち負かしたのが、印象に残っているんでしょうね。


初戦の敗戦で、早くも「ザックジャパンに満足?不満足?」なんて番組を
やっているクソ番組もありましたが、本田が開幕前に言っていたように、
「批判は終わってからにして、終わるまでは応援お願いします」の姿勢が
大切だと思います。

現地に応援に行っている日本人サポーターの方々が、敗戦後のスタジアム
でゴミ拾いをしている姿に、世界中が感動したのですが、そういった姿勢で
次戦からのレフェリーのジャッジも、少し日本に厳しくしないかもしれないし、
(そんなつもりでやってるんじゃ無いって怒られるかもしれないですが (笑) )
そういう姿が応援するってことなんだなって、頭が下がります。


そんな情報は選手の皆さんにも届いてるだろうから、きっと熱い試合をして
くれると思いますので、皆さんも応援し、楽しみましょうね~

っと熱く語って終わりそうになりましたが、これは模型のブログ(笑)
せっかく、見に来てくださっている方にいくつか写真をご紹介します。

今、取り組んでいる作品と同時で進行している作品の素材から何枚か紹介
します。

次回作は、工場夜景、工場地帯、港がキーワードで、偵察機のザクフリッパー
をご紹介します。
一応、塗装までしたものの、気に入らないので塗り直すつもりですが、大体の
雰囲気を感じていただければと思います。

今回は、MSV的な感じで行こうと思っていまぁ~す

KIMG0638.jpg

KIMG0637.jpg

KIMG0627.jpg

この、三つ目が好きなんですよ。 マニアックな機体でしょ(笑)

目は光ファイバーで光らせています。


KIMG0615.jpg


スポンサーサイト

Comment (-) (0)

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。